お客様が困る部分

風俗店で働く女性のほとんどの理由は、借金や将来の夢のための資金作りといった、お金に関する理由で風俗店で働く女性が多いことでしょう。
ですが、ごく稀にエッチなプレイが好きすぎて風俗店で働く女性もいるのです。
そういったエッチな女性にとってはお客様のプレイ中もそこまで苦ではないように感じます。

逆に、お金に関する理由で仕方なく風俗店で働いている女性は、お客様とのプレイが苦で仕方ない女性もいるはずです。
その大きな理由に、そういったお客様のプレイで自分自身も感じることができないからではないでしょうか。
濡れない体質の女性や、好きな人じゃないと濡れない女性というのは意外と多いと思われます。
やはり上記のような感じない女性の悩みは、濡れないということになるのです。
そういった濡れない女性は、悩みはもちろんのこと仕事中に困ることも多いのです。

たとえば、お客様の立場から見た困る部分というのはどういったことなのでしょうか。
一番に挙げられてくるのが、自分の愛撫に一切感じていないと思われているということが挙げられます。
お客様からしても頑張って女性を愛撫して気持ちよくしようとしているのに、自分のテクニックに問題があるのかと思ってしまい、たとえその女性に非がなかったとしても別の女性に相手にしてもらいたいと思うものなのです。
男からして、濡れない女性と濡れやすい女性であれば、確実に濡れやすい女性のほうが好まれやすいに決まっています。
とはいえ、元々そういった体質の女性もいますので、どうしてもやるせない気持ちになってしまうのも仕方ないことでもあるのです。
それと、その女性は不感症ではないかと疑われてしまうということも挙げられてきます。

お客様から見ても、わざわざ濡れない女性を指名しようとは思わないはずです。
ですが、在籍プロフィールの項目に「濡れない女性」とは絶対に書けないのも事実です。
そういった女性に当たってしまった日には、運が悪かったと一言で片付けるほかないような気もします。
そうなってしまえば、お客様はそのお店に行くことはほとんどの確立でなくなってしまいますので、ある意味お店のスタッフや他の女性にも迷惑を掛けてしまっていると考えられるのです。
やはりこれに関しても、実際に感じなかったり濡れないという女性も少なからずいますので、なんとも歯がゆい気落ちになってしまうのです。

ある意味、両方ともまた指名したいとは思いづらい心境でもあるのです。
「感じない」、「濡れない」が原因でお客様からの指名の妨げになっているのでしたら、働く女性にとっては損以外の何物でもありませんので、何かしらの対策が必要になってくるのではないかと思われます。



[管理人特選サイト]
大阪周辺で働く風俗嬢の求人を掲載しています > 大阪 風俗嬢 求人